RSS | ATOM | SEARCH
書き初め展で元気をもらう

 





 



【→ ペン字通信添削・練習用紙販売のご案内←】



 





 


2018年が始まって関東では初めての大雪になりました。

久しぶりに見る一面の銀世界!
身も心もまっさらに洗われたような気分になりました。


皆様は今年に入って何か感動したことはありましたか?


感動と言えば、少し前ですが書き初め展を見ました。

明治神宮で毎年開催されている
「全国少年新春書道展」
です。


全国の小中学生から応募された25,887
点のうち、特選に選ばれた300点の作品が展示されています。

展示場所は本殿前の廻廊で、
初詣に来た人も見ることができるようになっています。



都道府県順に並べられていて、ずらーっと展示されている様子は壮観です。

なんといっても上位1%の作品なので、とても小学生が書いたとは思えないほどの立派さで驚きます。



書き初めは1月2日に行われるものですが、この日は「事始め」と言われる日なのだそうです。

事始めの言い伝えは 「何事も上達が早くて長続きする」まさにどちらも願いたいことですよね!


書き初め展の作品を見ていると、子ども達が一生懸命書いている様子が思い浮かんできました。そしてその堂々とした字を見て元気が出てきました。


思えば私も小学生の時、書き初め大会というものにどこかの体育館で1度だけ参加したことがありましたが、それ以来やっていません。

大きく、太く、元気よく
書き初めを書いてみたくなりました。


この「全国少年新春書道展」は1/5から1/30まで展示されているようです。
東京近辺の方、まだ間に合いますよ(^^)/



今年もどうぞよろしくお願い致します♪

それにしても雪かきって大変ですね!



〜ペン字の広場・黎楓〜






author:ペン字の広場, category:ペン字についてのコラム, 21:00
comments(1), -