RSS | ATOM | SEARCH
書き順で変わるのか? 線と線の間隔調整 

 

横線が並ぶ中を縦線が貫いている漢字

結構あるんですね。

すでに上の2行の中で

よい例がでてきました。

『構』の旁(つくり)の部分『冓』

横線と縦線が複雑に入り混じっています。

この横線と縦線をどのような順序で

書いていくか・・・


ということが、『冓』においても

考えることができるんです。

この字も書き順が2パターンあるんですね!

1.よこ→たて→たて→よこ→よこ・・・

2.よこ3連チャン→たて→たて・・・

こう書くと分かりにく・・・


 

 

また、今までよく目にしてきたのが

『美』の上部

横線同士の間隔が開きすぎて

間延びした感が出てしまう問題。



こういった観点から

書き順に幅がある(複数の書き順を

有する)漢字に置いては、

横線を先に書き上げてしまった方が

それらの間隔をうまい具合に

調整できて、格好良い字に

仕上がるかもしれませんね。


「物は試し」ということで

思い当たる方は

ぜひ試してみてください!!

 

終わり。

 

書き順で変わるのか? 線と線の間隔調整 

 

 

HP:【ペン字の広場】堀 良明

http://hori-yoshiaki.jugem.jp

 

 

author:ペン字の広場, category:-, 07:00
-, -